Be fresh!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水産庁 食糧危機の序章? 06水産白書

​http://www.asahi.com/life/update/0522/TKY200705220407.html​

上記記事によると

06年度版「水産白書」

欧米では肉食を魚食に切り替える傾向がみられ、中国市場も急成長している。増え続ける水産物需要に対し、漁獲量は次第に頭打ちになると予想。

水産庁は「魚介類を各国が奪い合う時代が来る」と警戒している。

とあります。

これはいずれ起こる世界的な食糧危機の始まりを予感させるのですが、実際問題みなさんは世界的な食糧危機で世の中はどうなると予想しますか?

私は特に日本については豊富な経済力でかろうじて世界的な食糧の奪い合いにも勝ち残って?いけると楽観的に考えているのですが・・・



簡単に説明しましょう。

お米(お粥等も含む)や麦(パン・麺・その他)だけの食事しか取れない人が世界中にそうですね単純に20億人居たとします。

でその人たちは必死になって働いて三度の食事で主食とオカズを同時に食べられるような生活水準に上がったとします。

ここで質問ですが彼らはそれでも主食だけの食生活を送ると思いますか?そりゃ宗教的な戒律とか単純に肉や魚が嫌いと言う人もいますがそれを彼ら全員に求め強制するのは不可能です。

魚は乱獲で漁獲高は頭打ち。寧ろ減るとさえ言われてますし、肉(例えば牛や豚)の家畜類は普通は牧草じゃなくて穀物で育てます。肉1キロ確保するのに必要な穀物はそれの数倍から十倍は必要です。特に不作が無くても自動的に穀物が減るように世界のシステムは成り立っています。

更に言うならば世界中の穀倉地帯は疲弊しつつあるのです。アメリカは地下水の不足。中国は北京周辺の砂漠化(近年の黄砂の悪化でも分かるでしょう)その他の地域は水位の上昇と温暖化等による熱帯低気圧(日本での台風と比べるのも困難な位に大規模)で荒れる事は目に見えてます。これらの事は別に最近問題に上がった訳ではありません。古いもので20年近く前から既に指摘されつつあった事です。

では日本はどうしたら良いのか?例えばシンプルに米の自給率を上げれば良いのか?私は無理だと思います。考えても見てください。今使ってるのは農薬・コンバインやトラクター等の機械です。農薬の是非は別としても原材料は国内だけで確保できますか?更には機械が動く燃料は?素人ではありますが日本の自給率は米に関しても半分から1/3がせいぜいだと思います。

とは言え地球環境については長い目で見れば私は楽観主義者です。

今でこそ温暖化云々と叫ばれてますがほんの20年前は氷河期による寒冷化が危惧されています。多分に環境問題とは政治・外交・利権問題の良い隠れ蓑であるためそういうことはえてして起こりうるのですよ。

ちなみにこの場合の長い目とは数千年から百万年といった単位です。だから地球環境はそこまで危惧していません。人類と言うか文明の存続はまた別の話ではありますけどね。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。