FC2ブログ

Be fresh!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田新高速鉄道 成田新高速鉄道高速化

成田新高速鉄道なんですが、千葉北NT線部分、現在建設中の部分は160キロ運転、北総鉄道部分は130キロ運転のための改良工事と記載されていますが、この130キロ部分を160キロ化又は、160キロ分をそれ以上に高速化によって30分を切るような運転は検討されていないんでしょうか? 36分でも十分インパクトはあるんですけど、乗り換えを考えるともう少し時間短縮が出来ないのかな?と思って質問させていただきました。技術的なものは全然わかっていませんが、なんとなく130キロ部分をスピードアップしたらいいじゃん。なんて考えてしまいました。



割と線形の良さそうな北総線ですが、高砂~白井あたりまでは結構

クネってますよ。京成や京急とは次元が違うクネり方ですけどね。

グーグルアースで上空から、この区間をナゾってみると状況が掴めると

思いますよ。ですので、先ずこの1点からしても160km/hは厳しいと

思われます。

それに密集はしていませんが住宅・マンションのある所を高架で縫っているので、騒音問題もあるのでしょう。

これにはちょっとした逸話があって、北総線沿線にもご他聞に漏れず

新高速鉄道の建設に反対の住民がいました。この人らは、成田空港側の

新線建設ばかりではなく北総線の高速化対応工事にも反対の立場だった

ようです。理由はもちろん電車が早くなることにより増大させる騒音に

対してです。

建設主体の係りの方々は、何度も反対派の元へ足を運び懇談をし、最期

には切り札として反対派を何と「つくばエクスプレス」に乗せに行った

そうです。つくば~は130km/hで高架線を走りますが、そこで反対派は

最新の技術で造られた最近の高架鉄道の、何と騒音の少ないことかを肌

で感じて新高速工事容認になったという話です。

なので1130km/h走行ではOKを貰ったということです。

もし160km/hが可能としたら、旧成田新幹線計画で、この路線が北総線

の隣にに合流してくる白井と小室の間から、新高速鉄道の160km/h運転

が始まる印旛日本医大までの間でしょう。何しろ200km/h走行を計画し

て設けられた土地ですから線形は抜群です。それに並行する北総線なの

で、白井から印旛日本医大は白井以西と比べたら線形はよろしいです

で、あとはこの区間にある数駅の改良にどれだけお金を掛けられるかに

関わって聞きます。でも駅間距離はそれなりですが、たった4区間です

ので、大きな金額を叩いてまで160km/h対応にしても、130km/hの場合と

比べて2分短縮できるかどうかです(せいぜい1分と見ます)。

成田空港から帰る時は最初は160km/hで快調に飛ばしますが、これが

130km/hに落ち、高砂からは都内密集地帯の現京成線を80km/h程度で走

るのですから、何か尻すぼみのような感じはしますね。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。